鍼灸について
きむら治療院

鍼灸について

私達は三千年に及ぶ鍼灸の原典を今様に解説し、脈診によって体質別、個人別にしかるべきツボをとらえてそこに鍼灸を施しますので、決して痛くも熱くもありません。
そのためには鋭く鍛えられた指先感覚が必要でありますが、私達はそのために日夜研鑽努力を積み重ねております。
従って、刺激理念による中国バリや電気鍼とはまったく受療感覚が違います。

かくて、その治療が正しいツボに的中すると、心地よさにほとんどの方がウトウトされますし、中には眠られる方もおられます。
「百聞は一見に如かず」でありますから、どうぞ恐れず怖がらず安心してご来院ください。

なお、当院では使い捨ての鍼(エチレンオキサイドガス滅菌されたもの)を使用しておりますのでご安心ください。

鍼灸はどんな病気に効果が期待できるのでしょうか

「先生、糖尿病は治るでしょうか?」「高血圧はどうでしょう?」「熱のある時に鍼をしても良いでしょうか?」などと尋ねられますが、それだけではすべて「いいですよ。」とお答えするより他はありません。
しかし、実際には「脈を診なければ、はっきり言えない。」というのが本当であります。

その理由を申上げましょう。 例えば、医者からは「癌だ、不治の病だ。」などと見離された方でも、脈を診ますと意外に生命力が強いので、助かる人もありますし、それとは反対に、本人は風邪引きか疲れくらいに思って来院されても「命絶」という証で、治療不可能な方もあります。

また「私の身体には鍼は合うでしょうか?」などと聞かれますが、当院の治療は生命力、生き抜く力の強化でありますから、生まれつき鍼が合うとか合わないとかはないわけで、治療家がその人の体質に合わせるものであります。

従って、あきらめに「ちょっと鍼でもしてみようか。」などと、しぶしぶ来院された方が、わずか数回の治療で長年の病苦から解放され「こんなことなら、あんなに怖がらずにもっと早く来れば良かった...」などと喜びの声を聞くことがしばしばあります。

鍼灸はどうして効果が期待できるのでしょうか

今は医学知識が普及し、昔のような伝染病や細菌性の病は少なくなりました。しかし、その代り癌腫・心疾患・脳血管疾患・自己免疫疾患・精神疾患など、その他わけのわからない難病が多くなり、この文化時代に不治の病を嘆く人々が巷にあふれています。
当院に来院される患者様の中には、一人で様々な症状を訴えられる方もおられます。

例えば30歳主婦の例ですが「眼精疲労・頚肩のこり・慢性胃炎・坐骨神経痛・足が冷える・かなり神経質で寝つきが悪いため睡眠導入剤を服用しないと眠れない。」などの症状を訴えてきました。
もし、この方が完全な治療を受けようとすれば、眼科・内科・整形外科・心療内科などを回らなければなりませんし、検査の結果「どこも問題ないです。」などと診断されることがよくあります。
中には、あれもこれもと悪いところだらけで、何科を選ぶかさえわからない人もあります。

また、今の医学には各科を統一した全身治療などはありません。

ところが経絡治療では、その患者様の脈を診て、望聞問切という独自の診断法によってすべての症状を統一診断し「証」という治療方針を立てて総合治療をおこなうのであります。
つまり、この治療法には外科も内科も眼科もなく全科であり、病気を診るのではなく病人を診るというまるごとの人間治療であります。

すなわち「生命力や自然治癒力の強化」なのであります。

これを具体的に説明しますと、眼の悪い方には肝を中心としてホルモンや物質代謝調整をおこない、膝に水がたまると言われる方には脾腎を中心とする水分代謝調整をおこないますが、 これによってその人の生き抜く力が強化され、体質が改善されると諸症状はすべて軽快します。
このように鍼灸では、すべてを生き抜く力の異変として統一的に扱い体質改善を図ることがその主眼でありますから、病気が治るのは生命力強化による必然の結果に他なりません。


 HOME

Copyright (c) 2017 「お店発見伝」 All Rights Reserved.