保険診療・鍼灸の適応症例
きむら治療院

Q.保険診療について

はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧は、健康保険での治療を受けることができます。

健康保険の場合

「はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧」は、医療機関や接骨院の保険の使い方とは若干異なり、一定の条件を満たさなければ使用できません。

その条件
  • はり・きゅう治療の場合、傷病名が「神経痛」「リウマチ」「頸腕症候群」「五十肩」「腰痛」「頸椎捻挫後遺症」の6疾患と、その他、慢性疾患で医師が認めた疾患に対し医療保険が適応となります。
    ※注意 : はり・きゅうについては、医師による適当な治療手段のない場合について療養費が支給されることとなっており、現に医師から継続して治療を受けている疾病については療養費の支給対象とはなりません。(医療との併給不可)

  • あん摩マッサージ指圧の支給対象となるのは、傷病名に関わらず、症状に筋麻痺、関節拘縮があり医療上必要とすると認められる場合です。そのため医療との併療が基本となっております。
  • はり・きゅう若しくは、あん摩マッサージ指圧のいずれも医師の同意書若しくは診断書が必要です。
    ※同意書は治療を希望する施術所で受け取ってください。

※大企業の保険組合などでは代理請求ができない場合があります。その場合は、治療費を施術所に全額お支払いいただき、患者さまがご自身で保険組合に差額請求をしなければなりません。

生活保護受給者の場合

生活保護医療でのはり・きゅう・マッサージの取扱いは、原則として健康保険で施術ができます。 医療機関で受診されるときと同様に、役所で「はり・きゅう・マッサージ」の施術を受けたい旨を伝え、専用の用紙に記入し、医師の同意書を得てください。
※施術所により、生活保護医療取り扱いの登録をしていない所があります。受療される前に、希望する施術所にご確認ください。

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)

自動車による事故により、頸椎捻挫や腰痛などの症状が出た場合、自賠責保険での「はり・きゅう・マッサージ」の施術を受けることができる場合があります。
自賠責保険の担当者にご相談ください。
保険会社によっては、取り扱いできない場合がありますが、希望すれば了承していただけることもあります。

WHO(世界保健機構)が認めている鍼灸治療の適応症

神経系

神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ ヒステリーなど

運動器系

関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症( 骨折・打撲・むちうち・ 捻挫 )など

循環器系

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れなど

呼吸器系

気管支炎・喘息・風邪および予防など

消化器系

胃腸病( 胃炎・消化不良・胃下垂・胃酸過多・下痢・便秘 )・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸 潰瘍・痔疾など

代謝内分秘系

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血など

生殖・泌尿器系

膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎など

婦人科系

更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊・など

耳鼻咽喉科系

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・蓄膿症・咽喉頭炎・扁桃腺炎など

眼科系

眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらいなど

小児科系

小児神経症( 夜泣き・かんむし・夜驚・消化不良・偏食・食欲不振・不眠 )・小児喘息・アレルギー 性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善など

?

※ その他、効果のある症状
坐骨神経痛、うつ症状、パニック障害、繊維筋痛症、アトピー性皮膚炎


 HOME

Copyright (c) 2017 「お店発見伝」 All Rights Reserved.